富山県営渡船


「富山県営渡船」


この渡し船の存在を、
恐らく殆どの方がご存じないであろう。


富山県といえば、富山湾でとれる海の幸が名高い。

そんな富山湾の奥深くに、富山新港という港が存在する。
放生津潟という潟湖を掘り下げてつくられたのだそうだ。
(※潟湖とは砂州によって外海から隔てられ湖沼化した地形のことである)


この港ができる前、現在県営渡船が結ぶ線上に鉄道があった。

富山地方鉄道 射水線という路線である。

モータリゼーションの進展とともに時代から立ち遅れ、1980年に廃止となってしまった。


その射水線廃止の遠因となったのが、富山新港の建設だった。

当時、射水線は富山市内近隣の高岡市内をダイレクトに結ぶ地域の足として活躍していた。
最盛期の輸送密度は6000人/kmにも達したという。

しかし1966年、富山新港建設に伴い、放生津潟と外海とを隔てる砂州の上を走っていた射水線は障害物とみなされ、廃止されてしまう。

これが引き金となり、輸送密度は半減。
乗換を要するようになってしまった上に、国鉄線より遠回りで鈍足な地方鉄道に生き残る道は無い。

一度去った乗客は二度と戻らず、射水線は最終的に前述のように廃止されてしまった。


さて。

この1966年の分断に際して、射水線廃止区間を連絡するべく誕生したのが
今回紹介する富山県営渡船である。

画像



富山新港の分断区間を挟んで、
地鉄高岡~越ノ潟:新港東口~新富山
という2つの区間に別れてしまった射水線だったが、直通客や地元住民の便宜を図るため
越ノ潟~新港東口に渡し船が運行されるようになった。

射水線の富山側が廃止になった後も、この渡船は生き続けた。
また反対の高岡側である越ノ潟~高岡間は、幾多の廃線の危機を乗り越えて現在は万葉線として運行を継続している。
この万葉線についてはまた後日お伝えしたい。


このような経緯により運航を開始した富山県営渡船は
1980年の射水線廃止までは越ノ潟・堀岡の両発着場にて鉄道線と連絡をとりながら、またそれ以降も越ノ潟にて加越能鉄道→万葉線と連絡して運行を続けてきた。
これらのことから考えて、この渡し船は一種の
「鉄道連絡船」
としての機能を有すると言って差し支えないと思う。

このように橋梁をかけて連絡することができない箇所において、船舶により両岸の路線を接続する方法は、かつて明治・大正の日本における鉄道黎明期に多く見られた形態である。

21世紀の我が国において、片側連絡とはいえこのような連絡船というスタイルが見られる場所は全国でも数えるほどしかない。
(類似例に広電宮島線~松大汽船や、南海和歌山港線~南海フェリーなど)



そして分断から実に46年の時を経て2012年、この富山新港の港口に巨大な橋が完成した。

画像



「新湊大橋」

車道と歩道の2階建て構造を持つ斜張橋である。
この橋の完成により、富山県営渡船は役割を終える。


(2012年11月現在、歩道部分が未だ作業中のため、渡船は現役。終航時期は未定。)



新湊大橋完成後の11月下旬、私はこの渡船を訪ねた。

画像


堀岡側の発着場。

出航時間になると、地域の住民が三々五々集まってくる。


画像


まだ日差しの暖かい晩秋だが、
待合室の備えはこれからの冬の厳しさを窺わせる。


画像



画像



画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 富山県営渡船は無料フェリー

    Excerpt: 富山県営渡船(越ノ潟フェリー)は、富山新港を7分で横断する無料のフェリーだ。自動二輪車を除く車両と乗客を運ぶ。 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2018-08-26 12:06